■ 第二回:高圧洗浄機の選び方

こんにちは。高圧洗浄機を販売するヒラタケのヒラタケ店長です。
今回は高圧洗浄機の選び方について書かせていただきます。

既に高圧洗浄機を使用しているユーザー様では今の機種を参考に選択できますが、
初めて高圧洗浄機を導入しようかなと考えているユーザー様では
果たしてうちではどのタイプがいいのだろう。と思っている方も少なくないのではないでしょうか?

その前に「高圧洗浄機って何?」という方もいらっしゃると思いますので少し解説をしますと、

高圧洗浄機とは、よくコイン洗車場や車検の時に車の下回りをガンタイプで洗車しているのを
見かけた事が有ると思いますが、その機械のことを言います。

水をエンジン、またはモーターにてポンプ内で加圧して高圧水を噴射する機械で、
大きく分けて「エンジン式」か「モーター式(電気)」の2種類があります。
そして、共に冷水タイプと温水タイプ(冷水も温水も使えます)があります。

一番汎用性のあるのはやはり「エンジン式」と思いますが、
エンジン式・モーター式の利点・欠点は、下記になります。

エンジン式の利点
・電気が無くても水さえ有れば使える。
・水も水道も無くても容器内に水が有れば自給能力があるのでポンプが吸い上げます。
 (勿論モーター式も自給能力はあります。)

エンジン式の欠点
・エンジンですから音と排気が気になります。
・ガソリンエンジンで排気を気にする場所では不向きですがすが広範囲で使用できます。

今回のタイ国の洪水による洗浄にも多くの機械が輸出されています。
電気式だと感電の心配がありますよね!

モーター(電気式)の利点
・電気が来て入れば使用場所を選ばず使用でき、
 一番は音が静かで100V・200Vと能力によって選考が出来る。

モーター(電気式)の欠点
・停電時には発電機でもあれば別ですが、電気の来ていない場所では使用できない。
・温水が出ますから油汚れには効果大、低水量・低圧力でも冷水に比べれば汚れ落ち・殺菌効果大(低圧力で殺菌洗浄が出来ますから汚れを高圧洗浄に比べて飛散しにくい)(温水機の場合)
・燃料に灯油を使用しますのでいくら排気がクリーンとは言え排気を気にする場所には不向きです。
(対策としては換気を良くする、排気ダクトを接地する、屋外にマシンを置く等の処置が必要かと思います。)


電気に付いてですが、100Vの洗浄機でもモーター出力1、4KW・電流値14Aです。
定格電流を確保して下さい。また、延長コードは規格に合ったもの(ドラム巻きコードは巻いたまま使用すると熱を持ち電圧ドロップしますので注意下さい。)

200Vに関してはモーター出力6、2KW・電流値26Aと大きな物もあります。
専用ブレーカーを設けるなり必ず電気容量を確認して下さい。

水に付いてですが、それぞれの洗浄機に吐出水量の表示があります。水の供給・水量は大丈夫か確認下さい。良くある例ですが、水圧が無く供給量の水が不足・配管内経路でエアーが内部に混入してハンマー現象を起こす等のトラブルがあります。

補足としまして、配管内の錆や給水ホース内の藻により給水口の簡易フィルターが詰まりポンプ内にマシンが必要とする水が流れ難くなりトラブルとなることも有ります。→専用のフィルターをと取り付ける事をお勧めします。

最後になりますが、今まで色々な機械の修理をしてきましたが、やはり圧倒的に電気式の方が多いいですから電気によるトラブルは有りますね!電気の場合は供給されている物を使いますから設備的・使い方によるトラブルも有るかと思います。エンジンの場合も使用する燃料が粗悪だと同じ事ですが!)

いづれにしても機械ですから必ず故障はします。そのためにも定期的に点検(オイル交換・フィルターの清掃等)や始業点検(電気コンセントの刺し込みや、水道ホースが折れていないか、オイルは漏れていないか等)を行うことで大事が小事に又、疑問に思ったことがあったら販売店やメーカーに問い合わせて下さい。その為の販売店・メーカーです。

トラブルが発生した時の修理対応の確認をしておくのは大事な事だと思います。
前置きが長くなりましたが洗浄機を選択するに当たって

どのような物を洗浄したいのか→温水又は冷水洗浄機・有効なアクセサリーの選択
どのような場所でどの位の頻度の使用か→能力・機種(エンジン・モーター)の選択

最後に、私は問い合わせを頂いたお客様には必ずフィルターを勧めています。クリーンな水は洗浄機の命です。大は小を兼ねますが必要以上に大きな機械は薦めません。(100Mを走るのに10の力で走るのと7〜8の余力を持って走るのでは疲れ方も余力も違います。多少の余力のある機械や余力を残した使い方をしている機械の方がランニングコストを考えたらメリット有るかも!)

選択に迷っているようでしたら連絡して見て下さい。
無駄にはならないと思います。



 

ページTOPへ